新着情報

2020.11.18

 あなたのホームページから「保護されていない通信」の表示を消しませんか。  ~ SSL対応のご相談・ご依頼を承ります ~

 インターネット上で「盗聴」「改ざん」「なりすまし」等の犯罪が頻発するなか,個人や企業の重要情報が頻繁に送受信されています。この状況下で、ホームページ(以下、「HP」)を安全に運用・閲覧する必要性から、世界標準のセキュリティ技術SSLSecure Sockets Layer)によるHPの常時SSL化が急速に普及しており、常時SSLではないHPはブラウザのURL部に「保護されていない通信」と表示が出ます。

 

本協会では、常時SSLによるHPセキュリティ対策のお手伝いをさせていただくために「SSL対応推進ワーキンググループ(以下WG)」を発足いたしました。常時SSLでお困りの方、興味をお持ちの方はPDFファイル「SSL対応推進ワーキンググループについて」をご覧ください。

    ☆彡   SSL対応推進ワーキンググループについて」⇒     files/news/SSLtaiousuisinWG.pdf

なお,本対応は常時SSL化とHPのソース修正を行います。常時SSL化には無料のLet’sEncryptを使いますのでSSL証明書の取得・更新は無料です。ソース修正はHPによって費用が変わりますので発注の前にお気軽にご相談ください。

 

〇 お問い合わせ先

              SSL対応推進ワーキンググループ お問い合わせ窓口

              京都情報大学院大学 サイバー京都研究所 .kyoto担当 今井賢治

              Emailinfo@ckl.kyoto

 

copyright(C) 一般社団法人 京都府情報産業協会