活動報告

2017.06.20

府民セミナー開催報告

府民セミナー開催報告

2017 府民セミナー開催報告 (企画実行担当:経営委員会)

2017京情協・府民セミナー」を以下の要領で開催いたしました。

テーマ  『空の産業革命を起こすドローンテクノロジー』

    ~空飛ぶIoTデバイスが切り拓く新たなITフロンティア~

講  師  トライポッドワークス株式会社 代表取締役社長 佐々木 賢一 氏

≪開催日時≫  平成29年6月20日(火)午後4時~    ≪開催場所≫  京都ガーデンパレス  F 鞍馬の間

【主催】一般社団法人京都府情報産業協会   【共催】京都府中小企業技術センター、京都情報大学院大学・京都コンピュータ学院

【後援】公益財団法人京都産業21、公益財団法人京都高度技術研究所、京都商工会議所、ITコンソーシアム京都

    ≪講演概要≫

①ドローンの活用:農業分野:フライトデータと映像の融合

②ドローンの操作・制御:BluetoothWiFi2.4GHz →自動運行  将来は情報収集(映像、各種センサー)が主流になる。

③改正航空法の概要:無人航空機(ドローン・ラジコン等)の飛行ルールについて

④世界のドローン市場:2014 7,600億円– 次の10年で 1.4兆円、さらに10年で 11兆円

⑤ドローンはIT産業であり、まさに「空の産業革命」

⑥ドローンが産業化するために一番重要なこと→自動化

⑦地域におけるドローン活用の可能性

 ・遠くにモノを運ぶ(物流)、遠くの場所を見る(センシング)、人を楽しませる(エンターテインメント)

  ・空撮・アート、CM、観光・スポーツ中継・屋内監視、防犯、パトカーとの連携・測量、災害調査、危険地域の調査

  ・農業、工場・救命・荷物の配送・自動追尾撮影 

      ⑧ドローンの活用事例:設備点検(太陽光パネルの点検)、土木分野(赤外線カメラによる劣化検知、建設現場での施工管理)、3Dモデリング、

       フライトデータと映像の融合、防災/災害復旧分野、プロモーション動画(ゴルフコース、観光地全景等) 

「空間を自由に移動できるIoTデバイス」「空飛ぶスマホ」としてのドローンの多岐にわたる今後の活用の可能性について、実例の映像を交え具体的で

 分かりやすく講演いただき盛況のうちに終了しました。

copyright(C)2015一般社団法人 京都府情報産業協会